気化熱を利用した環境に優しい屋根冷却システム

自動散水冷却システム

  • レンタル

屋根の渇きを検知する「自動屋根散水システム」

建物によっては屋根の温度が室温の上昇に大きく影響する素材や構造があります。特にプレハブや工場、畜舎などは夏の太陽光によって屋根の表面温度の熱が室温を上昇させるため、屋根散水の効果が期待できます。
このシステムは屋根にシートと水分センサを設置する事で乾燥を検知し、自動で散水します。 水道水からの給水の他、タンクからのポンプ給水や 条件に応じた機器構成が可能です。
弊社の技術提案型多機能計測監視システム「エコモシステム」との併用で、外気温や湿度、その他あらゆる計測値をモニタリングすることができます。

屋根散水の効果とは

日本古来の打ち水効果でエコな暑熱対策

屋根に打ち水をする「屋根散水」は水が蒸発する時に熱を奪う気化熱を利用した屋根への冷却効果で屋根から室内への輻射熱を大幅に抑制します。
屋根から室内への輻射熱を下げることで、エアコンの設定温度を高く設定しても快適に過ごせるので、電気代やCO2 の削減に貢献します。
塗装やシートで遮熱する方法に比べ効果が優れているため、工場や体育館、倉庫やスーパー、牛舎などの畜舎にて屋根散水が活用されています。

温度低下効果

濡れたシートと屋根の表面温度

乾いたシートと濡れたシートの屋根表面温度

エコモシステムとの併用

技術提案型多機能計測監視システム「エコモシステム」との併用で、外気温や湿度、その他あらゆる計測値をモニタリングすることができます。

CONTACT

商品に関するお問い合わせや
ご相談等ございましたらお気軽に
お問い合わせください

お気軽にご相談ください

札幌

東京