緊急避難用設備

屋根付き津波避難階段

  • 販売

冬こそ安心!津波から地域の住民を守る!早く安全に高台へ避難できる津波避難階段

津波避難階段は山道や傾斜地、落雪防護柵設置部などあらゆる場所に設置できる緊急避難用設備です。高齢者や子供も安全に避難できるように階段幅が広く、手摺や幅木を取り付けるなど転倒、転落防止に配慮した設計とになっています。
また、積雪による避難障害が生じないように「屋根」「側面シート」を設置。階段部の積雪を防ぎ、冬期間も避難路を安全に確保できます。

特 長

●安全
・手摺、幅木などを設置
・ 通路、階段幅は幅広設定
・ 積雪対策
・ 標識設置、蛍光・蓄光材の貼付け可能


●強い
・ 階段、屋根材の耐久性あり
・ 積雪100cm、風速35m/sまで対応可能

●簡単
・ 設置に特殊技能必要なし
・ 少人数、短期間で設置可能
・ 階段の角度決めはワンタッチ
・ 破損箇所のみの取り換え可能


●低コスト
・ 従来の階段に比べ、工事費が大幅減
・ 除排雪不要で管理費低減
・ 現地に合わせた設計対応が可能

仕 様


設置参考図

設置参考図

設置例

既設階段の積雪対策

津波避難に備え、高台へ向かう避難階段を既に設置している市町村様も多いと思いますが、冬期対策はお済みですか?
冬期積雪がある地域では、いざという時に雪で階段が埋まり、避難できないということがないように避難階段の雪対策も重要になります。
日本仮設では、既に設置している津波避難階段にもピッタリ合った「屋根」と「側面シート」を取り付けることで冬期も安全に避難できるような対策をご提案いたします。

新設・既設問わず、あらゆる場所に設置可能です!まずはお問い合わせください。

商品・工法・業務についてはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ