ケイ酸系塩混合型コンクリート表面含浸材

Osmo-オズモ-

  • 販売

コンクリート表層部を緻密化し保護


コンクリート表面改質材「Osmo/オズモ」は、ケイ酸塩系(ナトリウム系)表面改質材です。
健全なコンクリート表面に塗布または噴霧することによって、最大40mmまで内部に浸透し、セメント水和物と同様のゲルを生成します。Osmoが作るゲルは水に溶けにくく、空隙内に生成されることで組織を緻密化し、外部からの水や劣化因子の浸入を抑制することができます。

【推奨躯体】橋座面やトンネル内壁、ダム、BOX.C、港湾施設、
      空港施設等
【期待効果】遮塩性、ひび割れ抑制・閉塞効果、遮水性、
      凍結融解抵抗、汚れ付着抑制

特 長

ひび割れの抑制と閉塞

マイクロクラックの発生源となりやすい脆弱部を補強しクラックの成長を防ぎます。また、0.2mm以下のクラックは、内部のより狭い部分をゲルが閉塞します。外部からの水の侵入、内部からのエフロの発生を抑制します。

汚れ付着抑制

塗布後は表面が水となじみやすくなり、汚れ物質が水とともに流れ落ちやすくなります。また、コンクリート表面はマイナス帯電し、汚れが付きにくくなります。

非常に高い浸透性能

健全なコンクリート表面に塗布した場合、最大40mm内部に浸透し、セメント水和物と同様のゲルを生成します。Osmoが作るゲルは水に溶けにくく、空隙内に生成されることで組織を緻密化します。

高い遮水効果

高い遮水性能を持つため凍結融解を繰り返してもコンクリートの健全性を保ちます。(凍結融解試験 1200サイクルまでの健全性を確認)

高い遮塩性

Osmoを塗布したコンクリートの表面はマイナスに帯電。塩化物イオンをはじく性質を持ちます。(電気泳動による塩化物イオン拡散試験により遮塩性の確認済み。)

コンクリート表面の性状を変えない

コンクリート表面には残存せず全て浸透。塗布後のコンクリート表面は無塗布とほぼ同じ状態です。

施工対象構造物

【 土木構造物 】

道路、鉄道の橋梁部ピア・桁・床版、基礎・地覆、トンネル内壁、覆道内外壁、遊水地、用水路、ダム、ボックスカルバート、防波堤上部構造、バンカーサイロ、空港施設、港湾施設、コンクリート二次製品(PC等)

【 建築物 】

外壁(RC打放し、タイル・塗装の下地)、屋上シンダーコンクリート、地下ピット・地下室(トランクルーム)、ベランダテラス、非常階段、駐車場

製品概要・性能

施工手順・施工上の注意

【施工手順】
1. 現役のまま使用ください。(使い切り)
2. 湿潤状態(目視状況:全体に濡れ色が残っている状態、指触状態:わずかに指が湿る程度、含水率:約7%)で塗布してください。
3. 原液100g/m2を2回塗布(計200g/m2)噴霧、刷毛、ローラーで塗布してください。

【施工上の注意】
・品質試験結果報告書に記載されている使用期限を厳守して下さい。
・Osmoは強アルカリ性ですので、作業の際には直接、目や手につかないよう防護ください。
・湿潤養生や洗浄に使用する水は必ず水道水を使用して下さい。(水道水以外の水を洗浄等にお使いになると含まれる成分に反応し、塗布面が白くなる場合が
 あります。)
・シラン系の含浸剤(撥水剤)の施工や塗装をする場合はOsmoを必ず先に塗布し、養生期間(4週間程度)が終了してからお願いします。すでにシラン系の含浸剤
 や塗装されてる所にはOsmoの塗布はお止め下さい。(事前に確認してください)
・Osmo施工前には酸洗いはお止め下さい。
・塗布作業及び養生は5℃以上の環境で行って下さい。(冬期間は採暖による作業・養生環境が必要です)
・施工環境が30℃を超える場合には施工面に散水をして下さい。
・施工に当たっては部位によりロス率を勘案して下さい。(ロス率 上向き:15% 横向き10% 下向き:5%)
・噴霧の場合には、強風時に施工すると、設計塗布量を塗布できない恐れがありますので注意して下さい。
・二次塗布後の洗浄が不定すると塗布面が白くなることがありますので、十分な洗浄を行って下さい。
・天井面や表面に凹凸がある部位は、水滴ができやすくOsmo薬液が表面に残り白く固化することがありますので、注意して下さい。
・海の近くの構造物に施工する際は、飛来してくるカルシウム、マグネシウムの影響を受け白くなることがあります。洗浄をしっかりと行い、試しに小面積での
 施工をし、確認することをお願いします。
・塗布した面やガラス、金属面に誤ってOsmoが付着してしまった場合には、ただちに流水で洗い流してください。場合によっては固結して取れなくなります。
・Osmoは開封後使いきりでお願いします。(薬液は廃棄物として「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」に基づいて処理して下さい)


【保管上の注意】
・Osmoは5~40℃の直射日光を避けた環境で保管をお願いします。

商品・工法・業務についてはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ