システム基礎型枠

パンチングフォーム工法

  • 販売

コンクリート打込み、締固めが目視できる埋設型枠

パンチングフォームは、薄鋼板を用いてラス形状のせき板とリブ形状の縦バタを一体成形した埋設型枠パネルで、基礎、フーチング、地中梁、擁壁、連壁等、土中のコンクリート構造物に用いる工法である。

近年、コンクリート工事用の型枠材料である木材資源の保護等、環境問題の抑制や型枠工事における作業性・輸送性・保管性の向上が望まれ、木材の代替に薄鋼板を用いて、軽量で積重ね容積が小さく作業性・輸送性・保管性に優れ、また、コンクリートの打込みおよび締固め状況を目視でき、従来型枠を用いて打込まれたコンクリートと同等の圧縮強度および耐久性を有している埋設型枠である。

特徴

環境にやさしい

鋼製型枠パネルのため、南洋材を使用しない型枠を実現したことにより、熱帯雨林地域の森林保護にも大きく貢献している。躯体に合わせたパネル長さを工場加工し、納入するため産業廃棄物を大幅に削減した。

建込みの合理化・省人化を実現

従来(合板)型枠パネルと同様の建込み方法で組立てられる新設計の専用部材により建込みの合理化を図り、省人化および工期短縮を実現した。

無解体工法

構成部材のすべてを消耗部材とし、耐久材は一切使用しない。

スラブ同時打ちが可能

縦バタを一体成型した型枠パネルは剛性が高いため、フラットデッキを用いることで地中梁とスラブコンクリートの同時打設を可能とし、大幅な工期短縮が実現した。

材料搬入1/8、搬出ゼロ

構成部材の積載容量が小さいため、合板パネルと比較して搬入量は1/8、搬出量は無解体工法なのでゼロが実現した。

コンクリート打ち込み・締固め状況が確認できる

型枠パネルにラス網目を用いたことでコンクリートの打ち込み・締固め状況が確認できるため、品質管理が容易。

施工例(建築)

用途 : 基礎、フーチング、地中梁、打継ぎ目、コン止め等

地中梁

柱まわり・フーチング

スラブ同時打ち

施工例(土木)

用途 : 基礎、フーチング、地中梁、擁壁、連壁等、土中のコンクリート構造物

風力発電基礎

道路標識基礎➀

道路標識基礎②

施工手順

➀下ランナーコンクリート釘止め

②パネル連結、曲げ加工、配置

➂バタ取付・ナット締付

④返し側仮止め

➄コンリート打設

➅コンクリート打設完了

CONTACT

商品に関するお問い合わせや
ご相談等ございましたらお気軽に
お問い合わせください

お気軽にご相談ください

札幌

東京