NETIS登録番号 KT-090023-VE 活用促進技術

ハニカム状土壌安定枠

テラセル(ジオセル工法)

  • 販売

法面保護や路盤、植生基盤の安定化に最適


テラセルは、高密度ポリエチレンを立体形成した、ハニカム状土壌安定枠です。

擁壁、法面、河川護岸、路盤、構造物基礎など、あらゆる箇所の保護・補強や、軟弱地盤・植生基盤の安定化に効果を発揮します。

ジオセル工法とは、高密度ポリエチレン(HDPE)製の連続的・周期的なセルに土や砕石などの地盤材料を充填して積み上げることで高強度な構造体を形成する工法です。

用 途

●擁壁、法面、河川護岸、路盤、構造物基礎の保護・補強工事

●軟弱地盤・植生基盤の安定化

●道路の切土法面保護工事

●法面における法面侵食防止工事

●歩道拡幅に伴う土留め工事

●切土法面の小崩落箇所の災害復旧工事

各種工法

テラセル擁壁工法

【NETIS登録番号:KT-090023-VE】

展開したテラセルに発生土や砕石を充填し、段積みすることで擁壁を構築、切土・盛土法面を保護します。

路肩欠損対策工



法面勾配を自由に変えられ、根入れも浅く出来ることから、壁高と掘削を最小限に抑えることが出来る工法です。

テラセル法面保護工法



緩い勾配の法面にテラセルを展開し、発生土や砕石を充填することで、表層の浸食防止や植生基盤を安定させる工法です。


テラセル覆土工法



既存のコンクリート護岸にテラセルを展開し覆土することで、護岸を壊すことなく植生基盤を構築し、緑化を安定させることが出来ます。

テラセルマットレス工法

【NETIS登録番号:CG-160016-A】

テラセルと砕石とのせん断抵抗により、マット上に設置する構造物の荷重を分散させ、基礎地盤の支持力不足を改善します。

テラセル路盤補強工法



砕石などを充填したテラセルを路盤上に展開することで、車両の輪荷重を分散し、輪掘れや不等沈下を軽減する工法です。


寒冷地法面保護工法

【NETIS登録番号:HK-110043-VE】

テラセルに非凍上性土を充填することで、寒冷地での凍上および融解沈下の
繰り返しによる法面の機能低下を防止します。

その他特殊工法 各種

●斜面の耐震・耐降雨補強
●特殊フトンカゴ代替工法
●落石から保全対象物防護
●凍上・塩害対策
●豪雨による浸食防止

商品・工法・業務についてはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ