NETIS登録番号 KT-090023-VE 活用促進技術

テラセル(ジオセル工法)

テラセル擁壁工法

  • 販売

テラセル擁壁工法とは、展開したテラセル(ジオセル)に現地発生土や砕石を充填し、段積みすることで擁壁を構築し、切土法面を保護する工法です。

今までのコンクリートブロックをテラセルにすることで、部材が軽量になり施工性が向上します。また、壁面緑化も可能になります。

特 長

高い耐候性・耐薬品性

テラセルの原材料は高密度ポリエチレンを使用し、表面のシートには厚さ1.5mmのシートにテクスチャー加工(0.2mm)を施しているため、十分な耐候性を持っています。また、耐薬品性にも優れており、酸性土・アルカリ性土などのあらゆる土壌に適応します。

軽量でコンパクト

テラセル擁壁工法に使用するテラセルは約4kg/枚と軽量なため、容易に運搬が出来ます。また、コンパクトな状態で収納されるため、材料の保管に広いスペースを必要としません。

簡単で素早い施工性

使用する部材が少なく、施工方法も展開・充填・転圧の繰り返し作業のため、施工期間の短縮が可能です。そのため、狭小な現場や災害復旧に能力を発揮します。また、コンクリートを使用しないため、養生期間が不要で工期短縮が可能です。

様々な中詰材の使用が可能

テラセルはハニカム構造のため、中詰材を拘束することで現地発生土や砕石等の様々な中詰材を状況に応じて使用できます。

現地に応じた高い適応力と柔軟性

壁面勾配1:0.1~1.0で壁高8mまでの高さに対応可能で、現地の状況に合わせた曲線部の施工や勾配の変化も容易に対応できます。また、フレキシブルな材料のため、基礎コンクリートが不要で、ある程度の地盤の不等沈下にも追従できます。

緑化が可能

植生可能な中詰材を使用することで、セットバックした部分への植生工や在来種の飛来による緑化ができます。

仕 様

工法比較

施工事例


商品・工法・業務についてはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ