2021/08/02

PRODUCTS

豪雨による河川の氾濫や高潮など「水害対策製品」で年々拡大する水害に備える!

近年、台風や集中豪雨などによって毎年のように水害が発生しており、その被害は年々拡大しています。気象庁によると、日本国内で時間降水量50mm以上の大雨の発生回数は30年間で約1.4倍に増加しており、あわせて河川の氾濫や浸水被害も増えています。

河川が氾濫したことにより洪水が発生した場合など、被害を最小限に抑えるためには、事前の準備や対策が重要となります。まずはハザードマップで危険な地域や避難場所の情報を確認し、自宅が水害に巻き込まれる可能性がある場合は、土のうなど水の侵入を防ぐための対策に備える、貴重品などの保管場所を見直す、災害用の備蓄品をまとめておくなどの準備をしておくことが大切です。

日本仮設では水害に備えるための商品をいくつかご用意しております。この他にも取り扱いがございますので、お気軽にお問合せ下さい。

水害対策製品はこちら

CONTACT

商品に関するお問い合わせや
ご相談等ございましたらお気軽に
お問い合わせください

お気軽にご相談ください

札幌

東京