日本仮設株式会社

menu close

熱中症対策グッズなどおすすめ夏商品で猛暑を乗り切る!


暑さが厳しくなるこの季節、外での作業が多い建設現場では、毎年多くの熱中症患者が出ており、年々そのリスクは高まっています。
熱中症が疑われる症状には、大量の発汗やめまい、湿疹、筋肉痛、筋肉の硬直、頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、意識障害、痙攣、手足の運動障害、高体温などがあります。万が一、現場でこのような症状を訴える人がいたらすぐに作業を中断させ、応急処置を行ってください。また、気温が高い現場において、少しでも快適に作業が出来るような工夫や、体温などを数値化して管理するなど未然に防止するための対策が重要となります。

毎年厳しくなる暑さ対策のために、日本仮設ではオリジナル製品を開発しているほか、様々な熱中症対策または夏の対策製品をご用意しています。
一般的な熱中症対策商品も数多く取り扱っておりますので、是非ご相談ください。